ピアノ 売却 横浜

うちのピアノ

結婚前に、実家に暮らしていたころは、姉がピアノを習っていたので、ピアノがありました。
楽譜をありましたから、学校で音楽を勉強していれば、音符は読めますから、自分で弾いていました。
エリーゼのためにを、途中までは弾けました。

 

弾いていると、近所の方が、道から見ている時もありました。
全部弾けたら、きっと満足させられたのにと思います。
500メートルぐらい離れたお宅でも、聞こえると言っていましたので、ピアノの音は、響くのです。

 

結婚して、子供が生まれると、ピアノを習わせています。
ピアノは、おばあちゃんが買ってくれました。
50万円もして、高すぎると思いました。

 

上の子は、小学校6年生まで習いましたが、自宅で練習することはほとんどありませんでした。
しかし、中学校で、吹奏楽に入り、ピアノで楽譜を読めるようになったので、無駄ではないと言っていました。
しかし、ピアノはやる気がでなかったみたいです。

 

下の子も、現在ピアノに通っていて、上の子に比べると、多少やる気があるみたいです。
曲の進行も若干早いです。
しかし、自宅で練習をあまりしません。

 

上の子よりはやっていますが。
私も、ピアノが来た当時は、弾いていましたが、忙しくてなかなか弾いていません。
でも、いずれ、暇になったら、また弾きたいです。
ピアノ 売る

 

 

 

ピアニストのピアノ演奏

昨年、同じ曲目を、異なるピアニストの演奏で聞く機会が二度あった。
短い期間に異なる演者の演奏に接することで、ピアノの演奏は、「打鍵の力強さ・タッチ」また「打鍵のテンポ・リズム」などという、当たり前のことで、大きく変化することを初めて実感できた。
同じ楽譜を眺めているはずなのに、不思議なものであると思う。

 

作曲家の意図を汲みながらも、自らの技術や解釈を投影させるという点で、クラシックの演奏は、実はクリエイティヴだと思う。
楽譜という制約があるからこそ、演者の個性がより強調される。
ピアノリサイタルは、ステージ上には「コンサート・グランド」と「椅子」だけというシンプルな構成で展開されるから、演者の振る舞いは、その一挙手一投足に注目がいく点で、実はロックスターと同じだと思ったりもする。

 

ピアニストのピアノ演奏は、やはり生で聴くに限る。
耳だけでなく、目でも、また空調の寒暖など肌でも感じることがあるからだ。
ピアニストの演奏をまだ目にしたことがない人には、ぜひ足を運んでみられることをおすすめする。