ピアノを習わなかったことを後悔している私

あまり後悔をした事が無い私ですが、子供の頃から大人になった今でも後悔していることがあります。
それは「ピアノを習わなかったこと」です。
小学生の頃、クラスの大半の女の子がピアノやエレクトーンを習っていました。

 

そのため小学生の高学年になると、他の女の子は楽譜を見ただけで楽器を演奏できました。
楽譜が読めない私は、合奏コンクールではクラスの男子に交じってお手軽なリコーダーを適当に演奏するのがやっとでした。
高校生になり進路を決める時に「幼稚園の先生になりたい」と思っても「ピアノの演奏ができないと苦労するよ」のひと言で挫折してしまいました。

 

憧れの男子がバンド仲間を募集しているのを知っていても、音楽コンプレックスの私に参加する勇気はありませんでした。
同僚の奥様がピアノの先生をしていらっしゃるので「大人のためのピアノ教室」について聞いてみると「子供の頃にピアノを習っていて、久しぶりにお稽古を再開する生徒さんが多い」と聞きました。
初心者は大人になってから習い始めても挫折する人が多いと言います。

 

子供の頃にピアノを習って、せめてバイエルだけでも弾けるようになっていればと、後悔しています。