母に支えられたピアノ

母がピアノを習っていた事もあり、生まれた時から家にピアノがありました。
小さな時は母が弾いてくれるピアノを聞いて、私も弾きたいなぁという気持ちが芽生えました。
幼稚園に入ると同じ時期にピアノ教室に通う事になりました。

 

レッスンで練習した曲を自宅に帰ってから練習して、弾けるようになると母を呼んで聞いてもらう。
そこで母に褒められる事が何よりの楽しみでした。
徐々に上達していくにつれ、弾ける曲も増えていって、コンクールで賞を取る事も出来ました。

 

ですが、友達と遊ぶことの方が楽しいと思う時期もあって、レッスンの時間ぎりぎりまで遊んでいて、母に怒られたり、家で練習をしなくなったりする事もありました。
でも、ピアノを続けられた理由は母が「あの曲聞きたいな〜」と私にお願いをしてきて、その曲を聴いた母の喜ぶ顔があったからだと思います。
私が小さな時に弾いた曲の中で母が1番大好きだという曲は大人になった今でも母と昔話をしながらたまに弾きます。

 

今はもうピアノのレッスンには通っていませんが、今でも母の喜ぶ顔が見たいので、好きだという曲を練習していきたいと思います。