子どもにも私にもうれしいピアノ

私が小さいころ、家にはオルガンがあり、オルガンを習っていたので、自分の子どもにはぜひともピアノを習わせたいと、保育園児のころから習わせていました。
最初のころは小さいキーボードで練習させていたのですが、さすがにいつまでもそれではいけないと、小学生に上がる頃に、ピアノを購入しました。
子どもはもちろんのこと、自分にとってもあこがれのピアノだったので、楽器店で選んでいる時も楽しく、テンションは上がりっぱなしで、家に届いたときは、子どもと一緒に大喜びしたものでした。

 

子どもが一生懸命練習しているのを見ると、買ってやってよかったなとつくづく思いました。
子どもが触っていない時に、自分も昔を思い出し、少し覚えているのをひいてみますが、さすがにもう指が動かず、年月が経ったことを実感しました。

 

子どもにとって、ピアノを習っていたことは今後にもとても役に立つことだと思うし、やめてしまった後も時々弾くことがあれば、また自分のように楽しく感じることでしょう。